カテゴリー別アーカイブ: 砂田より

長所も短所も表裏一体の個性です


こんにちは。
寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。
海運堂ではストーブを使う日が増えてきました。
今年も計3台のストーブで寒さを乗り切ろうと思います。

先週のこども工作部ではクリスマスツリーを作りました。
レポートが届きましたのでご一読ください。


こんにちは。こども工作部のちか先生こと、駒井知佳子です。

久しぶりの工作部のレポートです。
11月の工作部では「クリスマスツリー」を作りました。
画用紙を切り抜いて、
後ろにくしゃくしゃにしたアルミホイルを貼って、
きらきらのツリーです 。

雪用の綿を用意したり、
きらきらのモールを用意したり、
折り紙で丸い飾りを切り抜く方法をやったり、
で、
「サンタさんが見たらびっくり!」なツリーがあちこちに出現しました。

IMG_6997

こどもたちはここ数ヶ月で随分と変化しました。

最初の頃は取りかかるのに「えっと・・・」と戸惑っていたのが
最近は「こうする!」が見えているのか
「静か」。(笑)
私、幼稚園で3年ほど週1回造形教育のバイトをしてました。

その時に新聞紙であるワークショップをしたんです。
年長さんクラスで大好評だったので
年少さ んや年中さんの先生が自分のクラスでもしたいとおっしゃいました。

やってみると・・・・年少さんでは失敗。

発達段階が合わなかったんですね。

そのワークショップは新聞紙を使って全員でかなり大きなものを作るのですが
(中身はいつか海運堂でしたいので内緒です。ごめんなさい!)
年少さんは新聞紙をびりびり破るだけで大満足(^▽^;)

年中さんでちょっとこちらの意図を組んでくれて、
年長さんでは仕切る子が現れます。みんなで遊べるのは結構育ってからなんです。
(3~4歳児くらいまでは一緒にいるだけ気分は「1人」です。)

速度に多少のずれはあれど、
ああ、できることは身体(神経やら筋肉やら)と心の発達に伴って
すこしづつ増えるんだなあと思いました。

でも
鍛えないと「発達しません」。
人間も動物なので必要とされない機能は伸びようとしません。
こども工作部で小競り合いがある度に
「無理」とか「「できない」とか声が上がる度に
「おいおいそれはよろしくないわよ」みたいな行動が出る度に

学びの機会!チャンス!
いつもLiveな工作部です。

IMG_6995

人には長所も短所もなくて「個性」があるだけ。

飽きっぽいのは停滞を望まず挑戦を好むから、
わがままに見えるのは目標が高いから、
ゆっくりなのは慎重だから・・・

その時々で「個性」が長所になるように、短所にならないように、
個性の出し方としまい方を心得てくれたらいいなあと思います。
今回はお星さまがうまく切れない!切りたい!という声にしっかり対応できなかったのが反省です。
ごめんなさい。
工作部、一番最初にはさみの使い方をしたのですが(へびさんです)
1回では忘れてしまいますよねえ。

これが「上手に切れるようになりたい!」ってモチベーションがある時だと1回で覚えます。(^^)
次回は小さい人向けにそういう時間も作る予定です。
いつもお子様を参加させてくださっている親御さんに感謝です♪
新しく参加や久しぶりに参加も大歓迎です。

今年は残すところ1回のこども工作部は12月9日水曜日です。
変則で第二水曜日になっております。
お気をつけくださいませ。

ありがとうございます♪


お久しぶりです。


海運堂の砂田です。
前回の更新から1ヶ月以上が経過しています!
PCでの作業はどうしても夜中になるので
なかなか更新ができませんことご了承ください。。

右の方にツイッターの投稿が掲載されています。
そちらはリアルタイムで海運堂の様子を更新していますので、
是非ご覧ください。

おかげさまで下記の行事も毎月開催できています。

・こども工作部
・こども囲碁部
・養生道場
・からだにやさしいおやつ作り
・おむすび部
・カタン例会
・実家部
・兵庫麦の会 料理教室(隔月開催)

私としては自然療法の勉強会、食育、性教育、炊き出し訓練、季節の行事等
もっとしたいことはたくさんあるのですが、
しばらくはこれくらいのペースで続けて行こうと思っています。

ある程度の掃除ができて、
気持ちに余裕を持って来る人を迎えるのが
海運堂を続けていく上で一番大事だと感じているので、
ご理解の程よろしくお願いいたします。


こども囲碁部でした。


9月3日はこども囲碁部でした。

いつものように、おむすびたべて、囲碁を教えてもらって、先生の三味線聴きました。

  

  

夜は、打ち合わせのために海運堂をご利用いただきました。
   
 
家主すーりんのお母さんがつくるイタリアンを食べていただきました。

今日は

はちみつ、くるみ、ゴルゴンゾーラのパン

チアシード入り食事パン

リュスティック

じゃがいもときゅうりのサラダ

アボカドとタコの和え物

シーフードスープ

豚のヒレカツ トマトソース添え

豚肉ときのこのバルサミコ酢

マルゲリータピザ

色々野菜のペペロンチーノパスタ

でした。

パンからソースまで全部手作りです。

ご予算に合わせてすーりん母がごはんを作って下さるので、海運堂で宴会やよるごはん会がしたいという方、ぜひお問い合わせください。


9月になりました。


あれよあれよと言う間に9月になりました。

8月も寄席、一周年記念のそうめん流し、パン祭りを始め、たくさんの催しを開くことができました。

第2回よねき寄席。

大学時代の同期、桂米輝さんが来てくれました。

こほめ、アコーディオン漫談、長短、の3席でした。   

重いんですって!

囲碁部の中野先生の三味線と、よねきの笛による出囃子生演奏!

   
そうめん流し。

嶋田さんの料理教室を企画された寺崎さんのアイディアで、雨樋を使いました。

  

外から見るとこんな感じ

  

たくさんの方にお祝いのお言葉をいただきました


 
こども工作部は陶芸スペシャル。

午前午後合わせて24名と私が参加しました。

 

釉薬をかける様子も見せていただきました

  

アルミ缶に新聞紙を巻いたものを型に、マグカップを作ります

    

お茶碗を作った人も!

 パン祭りでは、自分で作らないと味わえない、焼きたてのパンをみんなで囲んで食べました。

   

こねこね


   

実家部では、私の高校同期の友達が東京から参戦。手酌で日本酒 をぐいぐいいきながら子どもたちの相手を。  
 

なすの油みそ、かぼちゃの炊いたの、長芋とオクラと厚揚げ炊いたの。

 
と、じつに賑やかな夏休みでした。
9月もどうぞよろしくお願いいたします!


8月になりました。


7月に入ったかと思うともう8月です。
7月はおかげさまでたくさんの催しが開催できました。
収支計算で手一杯で、ブログなんてほったらかしです。すみません。
気軽に投稿できるツイッターは随時更新しています。
どうぞご覧になってください。

8月はついに海運堂1周年です!
今月もたくさんの催しがあります。
特に1周年祭りは、是非みなさんにお会いしたいです。
どうぞいらしてください。

8月の予定を更新しました、
ぎりぎりの公開になってしまいました。
ご都合宜しければ、遊びにいらしてください。

うだるような暑さが続きますが、
どうぞ皆様ご自愛ください。

明日から梅干しを干そうと思います!


フィリピン バルナバクリニックご支援のお願い


こんにちは。砂田です。

初期に比べ、ブログの投稿が随分短くといいますか適当になってきました。
私が無理すると海運堂が続かない!絶対無理しない!と決めているので、お許しください。

今回はご支援のお願いです。
海運堂の養生道場・こども工作部で講師を務めていただいているちか先生。
7月5日、フィリピンで活動されている助産師・冨田江里子さんの講演会を主催されました。
御題は「あなたにもできる 感じるケア」。
私も伺いましたが、とても楽しかったです。

で、ひとつ、海運堂からお願いがあります。
冨田さんの運営するクリニックに送る支援物資を集めます。
ご自宅で余っている、
1.タオルやシーツ
2.赤ちゃん用のグッズ(洋服、おもちゃなど。)
を送ります。
下記詳細を記載します。
7月25日(土)までに物資を海運堂に届けていただきたいのです。
いただいた物資は冨田さんのご主人にお渡しして、
フィリピンに届けます。
御協力の程、よろしくお願いいたします。

*****

江里子さんの運営するバルナバクリニック(助産院と診療所)は主に寄付と日本からの支援物資でまかなわれています。
基本的にお産や診療は無料、マニラまで出て購入したお薬のみ実費で頂く場合があります。

お産に着の身着のまま、タオル1枚すら持たずに来た妊婦もいます。
日本からやってきたタオルを渡し、赤ちゃんに産着を着せ、大きくなった時の洋服やおもちゃを渡しています。
彼女のブログにアップされている赤ちゃんたちの写真はそうした「日本からの愛情」に囲まれています。
http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

この支援物資が激減しています。(理由は後述します。)

よろしければご自宅で余っている、
1.タオルやシーツ
2.赤ちゃん用のグッズ(洋服、おもちゃなど。)

・・・・をご寄付頂けないでしょうか?

新品でなくても構いません。
新しく生まれてきた赤ちゃんとそれを迎えるお母さんに差し上げるギフトとして使えるもの、バザーで出せるようなもの、とお考えください。

お役に立つ機会がなくてご自宅に眠っているタオル・シーツ・赤ちゃんグッズなどありましたらぜひよろしくお願い致します。

※わざわざ購入しないでくださいね。

冨田さんのご主人が責任を持ってフィリピンまで運んでくださいます。
<支援物資が激減した理由>

少し前から郵便局から送った荷物が現地で勝手に税金をかけられ(個人の判断でやれるのがフィリピンです。)、受け取るのに1個あたり4千円とかかかるようになったからです。
それではとても受け取れません。

送ってくださる方に郵便局からではなく、日本の事務所に送って欲しい、その際に郵送料も負担して欲しい、とお願いしたところ、このような状態になっているようです。
(確かにめんどくさい・・・・・。)

*****

お問い合わせなどは
info@kobe-kaiundo.jp
までお願いいたします。

御協力、よろしくお願いいたします。