月別アーカイブ: 2015年3月

3月の養生道場


今月の養生道場のレポートが届きました。


こんにちは。
養生道場講師のちか先生こと、駒井知佳子です。

フィリピンへ行っておりました。
そのため、ブログ記事が遅れてしまい・・・・といういいわけです。はい。

本当は今月は「春」の内容だったんですが、おむすびは「牡蠣」でした。
牡蠣は疲弊した身体にぴったりの食材です。

FullSizeRender (2)
さて、今月から少し内容を変えました。
理由はここ1年間でケアの仕方は結構講座でしたからです。
使いこなすには

状況把握 、すなわち「診断学」

が必要になるんです。
診断学となるともうめっちゃ基礎にあたるもので詳しくなっちゃうんですね。
例えば、便秘。

よく「便秘に効くツボ教えてください!」と入学したての学生さんに聞かれて
「そんなんない!」と答えています。

便秘にもいろいろあります。

押し出す力がなくなった便秘(=お年寄りの便秘)
自律神経の調節ができなくなった便秘(=ストレスによるもの、旅行先の便秘など)
腸の潤いが無くなって出にくくなった便秘

・・・・など。

原因が違えば治療法も変わるのです。
東洋医学の診断法は「弁証(べんしょう)」と言います。
西洋医学では「病名」をつけるところを東洋医学では「証」をつけます。

例えば、風邪。

西洋医学では「かぜ症候群」と言います。

東洋医学は風邪の引き始めと引いてしまったのでは違う証になりますし、
引き始めでも汗をかいているかかいていないかでも違う証になりますし、
こじらせても違う証になりますし、
治療法を間違えて悪化しても違う証になります。

有名な『葛根湯』は引き始めで汗をかいていない、ぞくぞくした風邪に使うお薬です。

IMG_4464
弁証には
「八綱(はっこう)弁証」とか
「気血津液 (きけつしんえき)弁証」とか
「臓腑(ぞうふ)弁証」とか
「三焦(さんしょう)弁証」とかいろいろありまして

顔色なんかがかなり参考になります。
青・赤・黄・白・黒に分けてみて、血流など状態を判断するわけです。

同じ白でも「豚脂の白」と「枯れた骨のような白」では善し悪しが変わるわけですね。
ちなみに白は呼吸器が弱いタイプ、とされています。
そんなこんなで占いのような内容でみっちり座学の一日でした。

もちろん次回以降、実技も交えながらやっていきます。
桜が開いて「春」です。

年度終わりで仕事が束になってきてお疲れの方もいらっしゃるでしょう。
新年度に向けてはりきっている方もいらっしゃるでしょう。

がんばり過ぎると「五月病」になりますよ。

どうか「ぼちぼち」なさってください。


 

4月は10日に開講します。
ご希望の方は前日までにご連絡くださいね。


ももいろのきりんのレポートが届きました


こんにちは、砂田です。

先日、ももいろのきりん第1回が終了しました。

企画してくださった田村さんからレポートが届きました。


 

第1回は
主人公の女の子「るるこ」ちゃんが
お母さんからもらった
大きなももいろの紙で作った
きりんの「キリカ」が
自分の足で立てるようになり
初めての夜を迎えるところまでお話をしました。

お話を読んだことのある人が
半分くらいいたので
退屈しないかと少し心配でしたが
みなさん、静かに耳と目を傾けてくれました。

お話のあとは
ちか先生が用意してくれた
とてもきれいなももいろの
模造紙を一枚ずつ
一人につき一畳を使って広げて
思い思いの「キリカ」を
作りました。

初めてお話を聞いた子達は
ちょっと とまどう時間も
ありましたが 少しずつ
形が見えてくると
どんどん作業が進んでいき
私は 何も手伝うことはありません
でした。

模様をかいたり
立体的だったり
立派な胴体のや
太い足のや
横に並んで歩けそうな
大きさのや
紙をほとんど全部使ったのや
ながーい首のや
名札も作ったりと

7人7様のももいろのきりん
共通していたのは
どのきりんの顔もにっこり笑顔
でした。

お話と同じように洗濯もののように
干したあとは
自分のきりんとの記念撮影
こちらも思い思いのポーズでぱちり

その頃にはだいたい片付けも
終わっていて 小さな紙きれを
みんなでさっと集めたら
おむすび作る子
ボールで遊ぶ子に自然に分かれて
大騒ぎ
せっかくの「きりん」達がやぶけないか
ひやひやしましたが
投げずに床を転がして遊ぶという技の前では
まったくの杞憂でございました。

一緒に参加していただいたお母さん達も
参戦して 「いかなご入りおむすび」(しぶいねっ)
があっという間にできあがり

子ども用の小さな丸テーブルに
かごいっぱいのおむすび
その周りを7人の子供達が
それぞれのお茶と一緒に囲みました。
ももいろのきりんの下で
おむすびを食べる図は
まるで お花見のようでした。

企画、準備の段階からお時間を割いて
くださった
ちか先生、さーりんさん、梨沙さん
本当にありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

ご参加いただいたみなさま
私の夢を一緒に実現してくださいまして
本当にありがとうございました。

夢はまだまだ続きます。

次回は
自分の描きたい動物を描いて
好きな色で世界一きれいに仕上げる
ということをやります。

お話は15分で切るのが
やっぱりちょうどいい感じだなと
やってみて実感しましたので
3回目までやろうと思っています。

お時間合えば ご参加ください。


 

以上レポートでした。

第2回は4月3日(金)に開催します。
既に定員に達しております。ご了承ください。

第3回は、日程が未定です。
決まりましたら、ご案内いたしますね。

 


おむすび部


今日はおむすび部でした。

赤ちゃん3人、小学生さん3人、おかあさん3人でした。

今日から春休みということで小学生さんが来てくれて、いつもと違う雰囲気に。

おむすびは小学生さんがほとんど作ってくれて、赤ちゃんのお守りもしてくれて。いつもより、ゆっくり余裕を持ってごはんを食べることができました。どうもありがとう。

やっぱり様々な年齢の人が集まった方が、何かとうまくいくなと感じました。

赤ちゃん同士で喧嘩もしていました。おもちゃを取り合ったりして、お互いぎゃーと泣いていました。これ私の!とがんばって意思表示している様がこれまた可愛かったです。

写真を撮って掲載したりすれば様子が分かるかなと思うのですが、何となく撮影する気になりません。その場の和やかな空気を切り取ってしまうのが、「撮ってもいいですか」と声をかけるのが、何だか違うなと感じるからです。

今日は常連さんばかりでした。

だんだん私も慣れてきて、みなさんも海運堂に溶け込んでいたような気がします。心からだらーっと寛いでもらえたかな。。

そうやって、この場所にみなさんが馴染んでいくのがとても嬉しいですし、海運堂がどんどん豊かになるなと感じます。


今日はヨガ教室でした。


今日はヨガ教室でした。
6名の方にご参加いただきました。
ヨガが終わったらみんなで玄米おむすび。
今日は参加者さまからいただいた、いかなごと梅干しを具にしました。

来月は4月8日(水)10時半からです。
勝手ながら、来月から料金を2000円とさせていただきます。
講師の小黒まどかさん、明石からお越しいただいてまして、
諸経費を考慮しての値上げとなります。
ご了承くださいませ。

ではまたのお越しをお待ちしています!


東灘こどもカフェ


今日は東灘こどもカフェにおじゃましてきました。手作りの美味しいお昼ご飯をいただき、主催の中村さんに、海運堂の活動についてご案内させていただきました。今度は子育て広場に行こうと思います。


おむすび部


ではありません!
今日は養生道場でした。
牡蠣と銀杏のおむすびに、大根と豆腐のみぞれ汁でした。

今回から、診断学を取り入れてくださっています。

(null)


3月11日のこども工作部


明後日はこども工作部です!
講師のちか先生から、工作の内容のご案内が届きました。


 

こんにちは。

こども工作部のちか先生こと駒井知佳子です。

もう3月ですね。いかがお過ごしでしょうか。

わたしは風邪引いてすっかり寝込んでおりました。
正確に言うと仕事以外は寝込んでおりました。
ご案内が遅れてしまい、申しわけございません。

季節の変わり目、年度の終わりでほっとしがちなこの頃、皆様もくれぐれもお気をつけくださいね。
さて、今回の工作部のテーマは「おもちゃを作る」です。

さあ、何を作るんでしょうか。内緒です。

自分の分を作って遊ぶだけでも面白いですが、
お友達の分も並べて一緒に遊ぶのも楽しいものです。

ということで、今回は作るよりも遊ぶ、に重点を置いてみたいと考えております。
とは言っても、個人のペースがありますからなんとも言えないですけれど(笑)

準備するものはいつも通り、
はさみ、のり、お手ふき、紙袋です。

飾りつけをするのにクレヨンなどの画材もお持ちくださいませ。


今回は「おもちゃ」を作ります。
定員は10名です。
あと数名でしたらまだご参加いただけますので、
ご希望の方はご連絡ください。

【海運堂 こども工作部】
3月11日16時~17時半
対象:年中さんから小学3年生くらいまで
会費:1000円
持ち物:はさみ、のり、おしぼり(のりを使ったときに手を拭きます)、紙袋(作品持ち帰り用)

小学生は放課後ひとりでくることができます。
未就学のおこさまはおとなの方と一緒に来てください。
15時ごろからおむすびをつくります。
おやつとしてみんなで工作前にいただきます。

ご希望の方は
info@kobe-kaiundo.jp
078-891-3498
までお願いいたします。