月別アーカイブ: 2014年7月

長屋から、インテリア部発足。


リベルタインテリア部、初代部長みゆうです。

部員は現在募集中です。

 

私はだれかという事は置いておいて

先日リベルタ長屋の内覧会がありました。

 

0731

 

私はまず、みんなが「居場所」で「どう過ごすか」を整理してみます。

 

 

2階は子どもたちが過ごしている様子を見て

大人は仕事したり、ご飯を一緒に作ったり、

ただ単におしゃべりしたり・・・。

 

子どもたちと一緒にお料理したいよね。

こんな食器をつかって食事をしたいんです。

 

プロジェクターを置いて映画会を開こう!

それなら初回はインド映画ね!

 

管理人さーりん一家は気にしないというけれど

家族のプライベートゾーンと

ソシオのパブリックゾーンについても話を聞いてみます。

 

さーりん一家の持ち物を置く場所と、ソシオの収納スペースは明確に分ける。

子どもたちも過ごす場所だから、安全で、安心できるように。

 

さらに持ち物や家具、家電についても聞いていきます。

さーりん一家の私物、リベルタのもの

さらにこの空間に新たに設けた方がよい家具・・・。
IMG_1321

 

そうやって話の中から「居心地の良い場所」を作りだすのが私みゆうの仕事です。

→ みゆうさんって誰?と思った方は こちら(みゆう設計室HP) をご覧ください。

 

 

その「居心地の良さ」、リアルにみんなで学んじゃおうよ!

いっそのこと、デザインした家具を自分たちで作ろうか。

必要ならIKEAツアーとかも開くし、みんなでカーテンを選ぶのも楽しい!

 

 

ということで、リベルタ学舎にあつまってきた仲間による部活動としての

「インテリア部」を長屋から発足することになりました。

 

私はリベルタが大好きな、リベルタサポーターの一人です。

普段も住まい講座やインテリア講座なども開いていますが

リベルタだからできるオモシロ「インテリア部」をみんなと楽しんでみたいと思います。

 

 

まずは長屋インテリア部として活動をスタートします。

一緒にインテリアづくりを楽しみたい!

一緒に家具を作っちゃいたい!

居心地の良い場所づくりや、収納の使い方を知りたい!

という部員募集中です。

 

もちろん、大工さん、水道屋さん、電気屋さん、塗装屋さん

プロの職人さんも大歓迎です。

 

 

そして、管理人一家がもうすぐリベルタ長屋に引越します。

次回は、引越し前に計画「どこに何を置いて、どう使うの?」という

さーりんの悩みにお答えした一連の流れについて紹介予定です♪

 

(リベルタインテリア部部長、みゆう)


長屋、はじめました。


こんにちは!

突然ですが、この度、リベルタ学舎の部活動の一環として、リベルタ長屋プロジェクトが始動しました。

(詳しくは、リベルタ学舎のブログをお読みください。)

管理人さーりんが自宅を開放し、おとなもこどもも、たくさんの人に使っていただきます。

以下、リベルタ長屋説明会でお伝えしたイメージを転載します。

運営は「ソシオ」制。

ソシオ(socio/スペイン語)

会員の出資によって組織を運営する方式。また、そのような組織の会員。

「社会(sociaty(英語)」をつくる個人、です。

☆定例会を開催。

(長屋運営について、管理人とソシオが話し合う場を持ちます)

☆会で決めたルールを、みんなで守ります。

(心得、お掃除、お片付けなど)

(ソシオは、管理人の指示に従います)

☆管理人とソシオで、こどもたちを見守ります。

(話し合いで決める、なんとなく当番制。学童サービスではありません)

(小学生未満のおこさまは、親子ご一緒におこしください)

☆会費は、場所の維持のために用いられます。

(物件初期費用の返済、家賃、光熱費、備品購入費、消耗品費、飲食物など)

 

場所

住吉本町2丁目の、3階建ての一軒家。JR住吉駅から徒歩3分程度。

管理人としてさーりんファミリーが居住、1・2階をこのプロジェクトに開放します。

 

利用時間

常識的な範囲で。

 

と、こんな感じです。

 

ほんとはすなだ家で運営費を全額負担して、

「さあどうぞお使いください!」って言いたいんですけど、

残念ながらさーりんちにそんな資力はありません。

ですので、お使いいただく皆様に、運営費の一部を会費としてご負担いただきます。

 

さあ。

こどももおとなも育ちあう、居心地のいい場づくりを、ていねいに続けていきたいと思います。

 

言うのはかんたん。はじめるのも、まあかんたん。続けるのが、いちばんたいへん。

でも、続けることでしか得ることのできないものが、たくさんありそうです。

長屋で走り回っていたこどもたちが、成人して、仕事して、結婚したりしなかったり。

節目節目で顔を出してもらえるような、そんな場になればと思います。

 

ちまちま更新してまいりますので、

どうぞよろしくお願いいたします!