フィリピン バルナバクリニックご支援のお願い


こんにちは。砂田です。

初期に比べ、ブログの投稿が随分短くといいますか適当になってきました。
私が無理すると海運堂が続かない!絶対無理しない!と決めているので、お許しください。

今回はご支援のお願いです。
海運堂の養生道場・こども工作部で講師を務めていただいているちか先生。
7月5日、フィリピンで活動されている助産師・冨田江里子さんの講演会を主催されました。
御題は「あなたにもできる 感じるケア」。
私も伺いましたが、とても楽しかったです。

で、ひとつ、海運堂からお願いがあります。
冨田さんの運営するクリニックに送る支援物資を集めます。
ご自宅で余っている、
1.タオルやシーツ
2.赤ちゃん用のグッズ(洋服、おもちゃなど。)
を送ります。
下記詳細を記載します。
7月25日(土)までに物資を海運堂に届けていただきたいのです。
いただいた物資は冨田さんのご主人にお渡しして、
フィリピンに届けます。
御協力の程、よろしくお願いいたします。

*****

江里子さんの運営するバルナバクリニック(助産院と診療所)は主に寄付と日本からの支援物資でまかなわれています。
基本的にお産や診療は無料、マニラまで出て購入したお薬のみ実費で頂く場合があります。

お産に着の身着のまま、タオル1枚すら持たずに来た妊婦もいます。
日本からやってきたタオルを渡し、赤ちゃんに産着を着せ、大きくなった時の洋服やおもちゃを渡しています。
彼女のブログにアップされている赤ちゃんたちの写真はそうした「日本からの愛情」に囲まれています。
http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

この支援物資が激減しています。(理由は後述します。)

よろしければご自宅で余っている、
1.タオルやシーツ
2.赤ちゃん用のグッズ(洋服、おもちゃなど。)

・・・・をご寄付頂けないでしょうか?

新品でなくても構いません。
新しく生まれてきた赤ちゃんとそれを迎えるお母さんに差し上げるギフトとして使えるもの、バザーで出せるようなもの、とお考えください。

お役に立つ機会がなくてご自宅に眠っているタオル・シーツ・赤ちゃんグッズなどありましたらぜひよろしくお願い致します。

※わざわざ購入しないでくださいね。

冨田さんのご主人が責任を持ってフィリピンまで運んでくださいます。
<支援物資が激減した理由>

少し前から郵便局から送った荷物が現地で勝手に税金をかけられ(個人の判断でやれるのがフィリピンです。)、受け取るのに1個あたり4千円とかかかるようになったからです。
それではとても受け取れません。

送ってくださる方に郵便局からではなく、日本の事務所に送って欲しい、その際に郵送料も負担して欲しい、とお願いしたところ、このような状態になっているようです。
(確かにめんどくさい・・・・・。)

*****

お問い合わせなどは
info@kobe-kaiundo.jp
までお願いいたします。

御協力、よろしくお願いいたします。