長屋、はじめました。


こんにちは!

突然ですが、この度、リベルタ学舎の部活動の一環として、リベルタ長屋プロジェクトが始動しました。

(詳しくは、リベルタ学舎のブログをお読みください。)

管理人さーりんが自宅を開放し、おとなもこどもも、たくさんの人に使っていただきます。

以下、リベルタ長屋説明会でお伝えしたイメージを転載します。

運営は「ソシオ」制。

ソシオ(socio/スペイン語)

会員の出資によって組織を運営する方式。また、そのような組織の会員。

「社会(sociaty(英語)」をつくる個人、です。

☆定例会を開催。

(長屋運営について、管理人とソシオが話し合う場を持ちます)

☆会で決めたルールを、みんなで守ります。

(心得、お掃除、お片付けなど)

(ソシオは、管理人の指示に従います)

☆管理人とソシオで、こどもたちを見守ります。

(話し合いで決める、なんとなく当番制。学童サービスではありません)

(小学生未満のおこさまは、親子ご一緒におこしください)

☆会費は、場所の維持のために用いられます。

(物件初期費用の返済、家賃、光熱費、備品購入費、消耗品費、飲食物など)

 

場所

住吉本町2丁目の、3階建ての一軒家。JR住吉駅から徒歩3分程度。

管理人としてさーりんファミリーが居住、1・2階をこのプロジェクトに開放します。

 

利用時間

常識的な範囲で。

 

と、こんな感じです。

 

ほんとはすなだ家で運営費を全額負担して、

「さあどうぞお使いください!」って言いたいんですけど、

残念ながらさーりんちにそんな資力はありません。

ですので、お使いいただく皆様に、運営費の一部を会費としてご負担いただきます。

 

さあ。

こどももおとなも育ちあう、居心地のいい場づくりを、ていねいに続けていきたいと思います。

 

言うのはかんたん。はじめるのも、まあかんたん。続けるのが、いちばんたいへん。

でも、続けることでしか得ることのできないものが、たくさんありそうです。

長屋で走り回っていたこどもたちが、成人して、仕事して、結婚したりしなかったり。

節目節目で顔を出してもらえるような、そんな場になればと思います。

 

ちまちま更新してまいりますので、

どうぞよろしくお願いいたします!